しゃがれ声 嗄声 披裂軟骨の亜脱臼

ハスキーボイス、しゃがれ声、嗄声といった悩みの原因はいくつかあります。整体で良くなるしゃがれ声、嗄声とそうでない場合がありますのでご説明させていただきます。

整体で適応外のしゃがれ声 嗄声

まず病院で診てもらわないといけないしゃがれ声、嗄声の問題をあげておきます。まずそれではないということを確認するためにも医師による診察を受けるのが必要です。以下のように診断された場合、は専門の医療機関で治療を受けられることが最善です。

  1. 声帯結節
  2. 声帯ポリープ
  3. 反回神経麻痺
  4. 咽頭がん
  5. 肺がん
  6. 食道がん
  7. 声帯萎縮

整体による調整が奏功するしゃがれ声、嗄声

のどにある披裂軟骨という軟骨の位置がなんらかの原因で位置が変わってしまうことがあります。聞きなれない言葉でしょうが、これを披裂軟骨亜脱臼といいます。この披裂軟骨はのどにある甲状軟骨の奥にしまわれており、披裂軟骨は声帯筋とつながっていて声を出すときに声門をあけたり閉めたりするときに重要な働きをします。

整体の調整でこの披裂軟骨の位置をただすように整えることが出来ます。舌骨を中心に舌骨の下から鎖骨にかけての筋肉の調整、舌骨の上から下顎に停止する筋肉の調整を行った後、披裂軟骨に触れて誘導方向に手を添えて待つことで、成功すると『コッ』という感触とともに軟骨の位置が左右と同じ位置に戻ります。

このように明らかな手ごたえがあるとき、整体した直後に声を出してもらうと、今までの声とは全然違う声に変わるようになります。その方本来の声が出るようになったわけです。

手術することなく、安全で痛くない手技によって披裂軟骨の亜脱臼が改善できることをここにお伝えしておきます。

披裂軟骨の亜脱臼が起きる原因

振動させて声をだすための器官が声帯になります。この声帯は披裂軟骨という軟骨につながっていて、披裂軟骨の動きによって声帯が閉じたり開いたり縮むことで発声します。この披裂軟骨の片方が本来あるべき位置とは違う場所にあったりします。この状態が披裂軟骨の亜脱臼となるのです。

よくある披裂軟骨の亜脱臼が起きる原因

  1. スポーツ (剣道の突き、格闘技の打撃、寝技など)
  2. 事故でのどを強打
  3. 気管内挿管による後遺症

声がかすれる、しゃがれ声、嗄声といったお悩みが上記のようなものに当てはまる場合、整体で良くすることが可能かもしれません。お困りでしたら、一度あいば健整院にご相談ください。

整体は何を治すのか?

あいば健整院の整体は、身体の中心軸を取り戻すことを目的としています。眉間、鼻、口、のど、背骨、みぞおち、へそであったり、身体の中心にあるべき場所が左右どちらかに偏っているのかを見ていきます。中心位置からその偏り具合を見て、正しい場所に修正していく整体です。

からだには、無意識にはたらく調節機能があります。血圧、体温、呼吸、姿勢もそうです。何も問題なく健康ならば、からだが傾いても意識しないでもとの姿勢に戻っていきます。

痛みがあったり、何らかの外力をうけたり、あるいは自律神経のトラブルがあるとすぐに姿勢に左右の差が現れます。時間が経ってくると慢性化して問題のある姿勢のそのものが癖として固定してしまいます。

長い間かけてひどくなってきた症状をお持ちの方でも、からだの左右の差の癖をきっちり修正していくことで体質が変わり、頑固な症状も良くなっていきます。

望診→動きの観察→中心軸の確認→うごきの検査→手技による調整→中心軸の確認→症状の確認

 

初めての方の施術の流れ

初めての方の施術の流れです。

「初めまして。あいば健整院の 相場壬雄

あいばじんゆう と申します。」

「どうぞよろしくお願いします。」

① あいば健整院に来院されたら、カルテの記入と、

整体しやすい服装にてお待ちください。

最初の問診とカウンセリング

最初に記入いただいたカルテを参考に本日の施術の

方向性を決めてまいりましょう。これからご一緒に

到達していきたい、目標を確認していきましょう!

一番聞いてほしいお悩みのほかにももしかして気

になることがあるようでしたら、積極的に伺うこと

にしています。

体型の検査、ゆがみと症状の説明

カウンセリングしたお話をもとに今あるお身体の状態

と目で見てわかるお身体のゆがみ方の確認をします。

症状や自律神経の問題が今の姿勢に直接つながること

が多いです。

体型の検査が整体の正確な施術につながります。