胸椎圧迫骨折の痛み

胸椎圧迫骨折は整体で姿勢をなおしましょう!

胸椎圧迫骨折は年配の女性に起こりやすいトラブルです。脊椎の本体分である椎体が、たて方向に強い力がかかることで押しつぶされる骨折のことをいいます。胸椎の椎体の前側が押しつぶされるので、横からみると“くさび”のように前側がひしゃげた格好になります。

背骨が前側がつぶれてしまうので、どうしてもそこの部分から体が前に曲がったようになります。高齢の女性の背中が丸くなる老人性の円背は、胸椎圧迫骨折のせいで起こります。

現代医療ではバンドでの固定、痛み止めや注射の治療が中心となります。症状の緩和が目的なのですが、圧迫骨折がおきてしまう前かがみの姿勢を治すことはできません。

椎体が前側に力がかかるような猫背や円背の姿勢を治していくことが、痛みを根本的に改善させることになります。整体で背中が丸くなることを治すことで、胸椎圧迫骨折の再発防止につなかり、予防にもなります。

痛くない整体で自然に背筋が伸びるようにでしましょう。

胸椎圧迫骨折は圧迫されている胸椎に力が集中したために起こる骨折です。骨折した場所が弱くなったことだけが原因ではないのです。体全体の前傾姿勢や上半身と下半身から来る“ねじれ”といった現象を考慮に入れていかなくてはなりません。

整体で体の歪み方、ねじれ方などを検査したうえでその歪を本来あるべき姿に整えます。そうすることで姿勢がはっきりと目で見てわかるくらいに改善します。力が集中してかかる椎骨にも無理がかからなくなるので痛みも退き、つぶれてしまった背骨は形はそのままでも痛くなく過ごせるように回復します。

初めての方の施術の流れ

初めての方の施術の流れです。

「初めまして。あいば健整院の 相場壬雄

あいばじんゆう と申します。」

「どうぞよろしくお願いします。」

① あいば健整院に来院されたら、カルテの記入と、

整体しやすい服装にてお待ちください。

最初の問診とカウンセリング

最初に記入いただいたカルテを参考に本日の施術の

方向性を決めてまいりましょう。これからご一緒に

到達していきたい、目標を確認していきましょう!

一番聞いてほしいお悩みのほかにももしかして気

になることがあるようでしたら、積極的に伺うこと

にしています。

体型の検査、ゆがみと症状の説明

カウンセリングしたお話をもとに今あるお身体の状態

と目で見てわかるお身体のゆがみ方の確認をします。

症状や自律神経の問題が今の姿勢に直接つながること

が多いです。

体型の検査が整体の正確な施術につながります。

整体は何を治すのか?

あいば健整院の整体は、身体の中心軸を取り戻すことを目的としています。眉間、鼻、口、のど、背骨、みぞおち、へそであったり、身体の中心にあるべき場所が左右どちらかに偏っているのかを見ていきます。中心位置からその偏り具合を見て、正しい場所に修正していく整体です。

からだには、無意識にはたらく調節機能があります。血圧、体温、呼吸、姿勢もそうです。何も問題なく健康ならば、からだが傾いても意識しないでもとの姿勢に戻っていきます。

痛みがあったり、何らかの外力をうけたり、あるいは自律神経のトラブルがあるとすぐに姿勢に左右の差が現れます。時間が経ってくると慢性化して問題のある姿勢のそのものが癖として固定してしまいます。

長い間かけてひどくなってきた症状をお持ちの方でも、からだの左右の差の癖をきっちり修正していくことで体質が変わり、頑固な症状も良くなっていきます。

望診→動きの観察→中心軸の確認→うごきの検査→手技による調整→中心軸の確認→症状の確認

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加