かみしめ くいしばり

  • ビフォー

※写真の補正は一切行っていません。そのままのお写真です。

かみしめやくいしばりは 口の問題ではありません。

頭痛や肩こり、くび凝りの原因にもなるのが、かみしめやくいしばりの問題です。ほとんどの方は寝ている間にくいしばり、かみしめをしているのではじめは気にならないものです。ひどくなると、歯の詰め物が取れたり、奥歯が欠けたりします。朝起きるとあごが痛くなっていたり顔のこりや痛みを感じますので、そこで気が付くケースもあります。

かみしめ、くいしばりは多くの方は口の中の問題と考えて歯医者さんに行くことになります。歯医者さんではマウスピースを作ってもらうことになります。マウスピースは歯が欠けることから守ることには出来ても、かみしめ、くいしばりの根本的な原因を改善することにはなりません。

かみしめやくいしばりは肩こり、頭蓋骨のゆがみも原因です。

昼間の生活で緊張を強いられたり、ストレス過多の時間が続くと肩こり首こりをはじめさまざまな自律神経症状を引き起こします。肩こりから首の筋肉の緊張が起きます。それと同時にあごを動かす咬筋や側頭筋といった筋肉の左右の緊張差も生みだします。

歯ぎしりの原因にもなる内側翼突筋、外側翼突筋の緊張差も起きます。それらが複合的に寝ている間の緊張状態を作り出してしまうのです。顔の表情がこわばるのと同じようにあたまもあごも異常に緊張をしてしまいます。

緊張の糸をほぐす。という表現があります。かみしめやくいしばりの時は、緊張の糸をほぐす。では間に合わないかもしれません。原因が2つ3つ重なって糸が少しばかりもつれてほどけにくい状態になっているからです。

 

全身状態を改善して、頭蓋骨の調整も行います。

肩こり、首こり、側弯症などの身体のゆがみを治してから、くびから上のお顔やあたまの調整に入らせていただきます。身体のゆがみは全身に波及するためです。

先ほどかみしめ、くいしばりの原因は2つも3つも重なるとお伝えしました。人によってストレスとゆがみのケース、あるいはムチウチと頭痛、打撲の後遺症など原因は多岐にわたります。お話をよく伺ったうえで、それらの原因となって出ている身体の現象を一つ一つを正常な状態に整えていきます。

最終的にかみしめやくいしばりの原因となるあご回りの筋肉の緊張差が同じになるように調整します。そういえば、最近はかみしめたり、くいしばりの後のあごの痛みやはぎしり、顔のこりや痛みといったことがなくなった。と気が付けば、良くなっている。と判断されます。

かみしめやくいしばりといったお悩みがある方は、ぜひ一度あいば健整院にご相談ください。

整体は何を治すのか?

あいば健整院の整体は、身体の中心軸を取り戻すことを目的としています。眉間、鼻、口、のど、背骨、みぞおち、へそであったり、身体の中心にあるべき場所が左右どちらかに偏っているのかを見ていきます。中心位置からその偏り具合を見て、正しい場所に修正していく整体です。

からだには、無意識にはたらく調節機能があります。血圧、体温、呼吸、姿勢もそうです。何も問題なく健康ならば、からだが傾いても意識しないでもとの姿勢に戻っていきます。

痛みがあったり、何らかの外力をうけたり、あるいは自律神経のトラブルがあるとすぐに姿勢に左右の差が現れます。時間が経ってくると慢性化して問題のある姿勢のそのものが癖として固定してしまいます。

長い間かけてひどくなってきた症状をお持ちの方でも、からだの左右の差の癖をきっちり修正していくことで体質が変わり、頑固な症状も良くなっていきます。

望診→動きの観察→中心軸の確認→うごきの検査→手技による調整→中心軸の確認→症状の確認

 

初めての方の施術の流れ

初めての方の施術の流れです。

「初めまして。あいば健整院の 相場壬雄

あいばじんゆう と申します。」

「どうぞよろしくお願いします。」

① あいば健整院に来院されたら、カルテの記入と、

整体しやすい服装にてお待ちください。

最初の問診とカウンセリング

最初に記入いただいたカルテを参考に本日の施術の

方向性を決めてまいりましょう。これからご一緒に

到達していきたい、目標を確認していきましょう!

一番聞いてほしいお悩みのほかにももしかして気

になることがあるようでしたら、積極的に伺うこと

にしています。

体型の検査、ゆがみと症状の説明

カウンセリングしたお話をもとに今あるお身体の状態

と目で見てわかるお身体のゆがみ方の確認をします。

症状や自律神経の問題が今の姿勢に直接つながること

が多いです。

体型の検査が整体の正確な施術につながります。