グロインペイン症候群 (鼠径部痛症候群)

グロインペイン症候群 (鼠径部痛症候群)

グロインペイン症候群は英語で(groin pain Syndrome)といいます。聞きなれない名前でなんだかおどろおどろしい名前なのですが、groinとは足の付け根というほどの意味でgroin painとは足の付け根の痛みということなのです。日本語では足の付け根の痛みとなります。

サッカーやラグビーといった激しい球技を行う選手に多く、最初は恥骨の痛みから始まり、股関節部、下腹部、座骨、内転筋など痛みの部位はケースバイケースで変わります。発症すると難治性で競技復帰までに1年かかることもあると言われています。

従来のリハビリ

体幹と下半身の安定性、可動域、協調性を回復させるために片足で強くキックするプレーそのものが鼠径部痛症候群の発症の誘因だと考えられていました。

 

①過度な運動を控える。安静にして保存的治療を行う。

②股関節周囲の筋力低下に対する筋力訓練

③股関節だけに負担がかからないように体幹と下半身がうまく使えるように訓練する。←(これはなかなかむつかしいのです。)

従来のリハビリの矛盾と問題点

グロインペイン症候群 (鼠径部痛症候群)の患者さんはまずは全体を観察することから始まります。誰が見てもわかることは、おへその位置が正中にないことが挙げられます。次に股関節に触れると左右の位置が違っています。仰向けに寝ていても太ももは左のほうが右より倒れていることが見て観察できます。寝た姿勢で差が出ているとしたら、これでは走ったり蹴ったりするときも体の使い方は、偏っていることとなります。

 

リハビリではこの偏ってしまった姿勢の状態のまま動かして、なんとか体の協調性を取り戻そうとします。←ここに無理があります。

 

平たく表現すると、これでは体の癖として変形してしまった姿勢のまま筋力をつけることになります。左右の筋肉のバランスが偏った状態が癖づけられていくことになります。

競技復帰に1年かかることもざらである。ということからも グロインペイン症候群 (鼠径部痛症候群)の大変さがわかります。

整体ではどう治していくのか?

片足でボールを蹴るなど偏って体をつかった結果として、体の変形の癖ができたことが原因になります。整体で偏り方を検査したうえで、姿勢を左右対称に近づけていきます。体の正中ラインを作っていくこととしてになります。そうすることでおへその位置が真ん中に、股関節の骨の位置も左右で同じ位置に来ます。体の姿勢を正しい癖をつけてあげることで、恥骨や周辺の筋肉に炎症を起こす必要がなくなるのです。

 

痛みを伴うリハビリをしなくても体の左右差を取り戻すことにより症状を出さなくても済む状態に回復していきます。競技に復帰できるまでの期間を大幅に短縮することができます。

初めての方の施術の流れ

初めての方の施術の流れです。

「初めまして。あいば健整院の 相場壬雄

あいばじんゆう と申します。」

「どうぞよろしくお願いします。」

① あいば健整院に来院されたら、カルテの記入と、

整体しやすい服装にてお待ちください。

最初の問診とカウンセリング

最初に記入いただいたカルテを参考に本日の施術の

方向性を決めてまいりましょう。これからご一緒に

到達していきたい、目標を確認していきましょう!

一番聞いてほしいお悩みのほかにももしかして気

になることがあるようでしたら、積極的に伺うこと

にしています。

体型の検査、ゆがみと症状の説明

カウンセリングしたお話をもとに今あるお身体の状態

と目で見てわかるお身体のゆがみ方の確認をします。

症状や自律神経の問題が今の姿勢に直接つながること

が多いです。

体型の検査が整体の正確な施術につながります。

整体は何を治すのか?

あいば健整院の整体は、身体の中心軸を取り戻すことを目的としています。眉間、鼻、口、のど、背骨、みぞおち、へそであったり、身体の中心にあるべき場所が左右どちらかに偏っているのかを見ていきます。中心位置からその偏り具合を見て、正しい場所に修正していく整体です。

からだには、無意識にはたらく調節機能があります。血圧、体温、呼吸、姿勢もそうです。何も問題なく健康ならば、からだが傾いても意識しないでもとの姿勢に戻っていきます。

痛みがあったり、何らかの外力をうけたり、あるいは自律神経のトラブルがあるとすぐに姿勢に左右の差が現れます。時間が経ってくると慢性化して問題のある姿勢のそのものが癖として固定してしまいます。

長い間かけてひどくなってきた症状をお持ちの方でも、からだの左右の差の癖をきっちり修正していくことで体質が変わり、頑固な症状も良くなっていきます。

望診→動きの観察→中心軸の確認→うごきの検査→手技による調整→中心軸の確認→症状の確認

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加