頭痛 (偏頭痛)

なぜやさしい頭蓋骨の調整で頭痛が楽になるのですか?

頭痛にはさまざまな原因と症状があり、緊急を要する場合とそうでないケースをわけておかないといけません。脳血管障害や出血などの危険な痛みもあります。今までにないくらいの頭痛や経験のないような意識障害や吐き気などがありましたら、ただちに病院に行かれるようにまず最初におことわりしておきます。

ここではごく普通に起きる偏頭痛を取り上げます。あいば健整院の頭蓋骨の調整は非常にやさしい調整法であると思ってください。あたまに直接触れるときの力加減はそっと手を当てるくらいです。

 

手を当てるだけで楽になる理由

脳の中心部分である脳幹から出てくる神経は、二枚の硬膜と頭蓋骨にある三か所の貫通孔(神経の通るあな)を通ります。頭蓋骨のゆがみから、この硬膜と貫通孔に緊張が始まり、頭痛を引き起こします。

やさしい力加減の秘密

頭蓋骨の中の圧力(脳圧)は成人で60~150mmH2Oほどあります。血圧より高いくらいです。頭蓋骨にはそれぞれに継ぎ目があり、継ぎ目を意識して手を添えて待っていると頭蓋内圧の力により頭蓋骨はかすかにしかるべき位置に移動します。頭蓋骨のそれぞれのパーツに手を当てて、働きかけることによって、頭蓋骨のズレは矯正されます。これをちょっと強い力でより効果を上げようとすると動きの制限が起こってうまく行かないのです。この理由から、あいば健整院では手を添えるくらいの力加減にて頭蓋の調整を行っております。

頭蓋骨のずれをなおすことができます。

偏頭痛になれば、治療法の選択肢としてくすりを服用することが第一にあげられます。さまざまな処方薬がありますが、当然ながら頭蓋骨のずれから起こる貫通孔を通り道や神経の通過経路の問題を治すことには至りません。直接、頭蓋骨のずれをやさしい整体法で矯正していくことが安全で確実に解決に結びつく方法だといえます。

整体は何を治すのか?

あいば健整院の整体は、身体の中心軸を取り戻すことを目的としています。眉間、鼻、口、のど、背骨、みぞおち、へそであったり、身体の中心にあるべき場所が左右どちらかに偏っているのかを見ていきます。中心位置からその偏り具合を見て、正しい場所に修正していく整体です。

からだには、無意識にはたらく調節機能があります。血圧、体温、呼吸、姿勢もそうです。何も問題なく健康ならば、からだが傾いても意識しないでもとの姿勢に戻っていきます。

痛みがあったり、何らかの外力をうけたり、あるいは自律神経のトラブルがあるとすぐに姿勢に左右の差が現れます。時間が経ってくると慢性化して問題のある姿勢のそのものが癖として固定してしまいます。

長い間かけてひどくなってきた症状をお持ちの方でも、からだの左右の差の癖をきっちり修正していくことで体質が変わり、頑固な症状も良くなっていきます。

望診→動きの観察→中心軸の確認→うごきの検査→手技による調整→中心軸の確認→症状の確認

 

初めての方の施術の流れ

初めての方の施術の流れです。

「初めまして。あいば健整院の 相場壬雄

あいばじんゆう と申します。」

「どうぞよろしくお願いします。」

① あいば健整院に来院されたら、カルテの記入と、

整体しやすい服装にてお待ちください。

最初の問診とカウンセリング

最初に記入いただいたカルテを参考に本日の施術の

方向性を決めてまいりましょう。これからご一緒に

到達していきたい、目標を確認していきましょう!

一番聞いてほしいお悩みのほかにももしかして気

になることがあるようでしたら、積極的に伺うこと

にしています。

体型の検査、ゆがみと症状の説明

カウンセリングしたお話をもとに今あるお身体の状態

と目で見てわかるお身体のゆがみ方の確認をします。

症状や自律神経の問題が今の姿勢に直接つながること

が多いです。

体型の検査が整体の正確な施術につながります。