原因不明の歯痛、顔面痛

  • ビフォー

※写真の補正は一切行っていません。そのままのお写真です。

顔もゆがむことをご存知ですか?

顔のゆがみを教えてくれても、それを治してくれる場所まで知っている人は少ないと思います。歯医者さんでもないし、脳神経外科でもないし、美容整形に行くという選択はまぁ、考えてもみない。といった方が大半ではないでしょうか。整体の観点からわかっていることは、原因不明の歯痛、顔面痛の原因の多くは顔の非対称性にあります。顔のゆがみから来るのです。

原因不明の歯痛、顔面痛の現状

原因不明の歯痛、顔面痛は 非定型歯痛(AO)・非定型顔面痛(AF)といわれます。女性におこりやすく、歯の治療をうけたり、頭にけがをしたりストレスの多い生活をしていて発症するケースが見られます。突然、歯が痛くなったり顔に痛みが出ます。CTやMRIなどの検査をしても異常は見つからず、痛みを改善させるために、歯の治療やの顔の手術が行われます。痛みは、長い期間持続し、その間、患者さんは痛みの緩和を求めて、医療機関を変えたりします。

整体から見た顔の痛み、歯痛の原因

非対称な顔はなぜ痛みを起こすのでしょうか?耳の前から三又にわかれる神経を三叉神経といいます。三つの枝をそれぞれ、第一枝、第二枝、第三枝といいます。それぞれ目の方向m上あごの方向、下あごの方向に伸びて顔全体をおおっています。三叉神経は左右にそれぞれあるわけです。頬の大きさに左右の差がある。あごが片寄っている。目の高さ、耳の高さが違う。こういったことが三叉神経を刺激して痛みを起こすのです。

頭蓋骨の整体は痛くなく、副作用もありません。

顔の左右の差を治すために頭蓋骨のそれぞれの骨を誘導方向に手を当てます。ひとつづつ丹念に調整することで頭全体の左右の差が縮まっていきます。少しの変化が痛みの質を変えていきます。三叉神経の左右の緊張差がなくなることで原因不明の顔面痛、歯痛が起こらなくなります。すみやかに良くしたい方は、一度ご相談ください。

整体は何を治すのか?

あいば健整院の整体は、身体の中心軸を取り戻すことを目的としています。眉間、鼻、口、のど、背骨、みぞおち、へそであったり、身体の中心にあるべき場所が左右どちらかに偏っているのかを見ていきます。中心位置からその偏り具合を見て、正しい場所に修正していく整体です。

からだには、無意識にはたらく調節機能があります。血圧、体温、呼吸、姿勢もそうです。何も問題なく健康ならば、からだが傾いても意識しないでもとの姿勢に戻っていきます。

痛みがあったり、何らかの外力をうけたり、あるいは自律神経のトラブルがあるとすぐに姿勢に左右の差が現れます。時間が経ってくると慢性化して問題のある姿勢のそのものが癖として固定してしまいます。

長い間かけてひどくなってきた症状をお持ちの方でも、からだの左右の差の癖をきっちり修正していくことで体質が変わり、頑固な症状も良くなっていきます。

望診→動きの観察→中心軸の確認→うごきの検査→手技による調整→中心軸の確認→症状の確認

 

初めての方の施術の流れ

初めての方の施術の流れです。

「初めまして。あいば健整院の 相場壬雄

あいばじんゆう と申します。」

「どうぞよろしくお願いします。」

① あいば健整院に来院されたら、カルテの記入と、

整体しやすい服装にてお待ちください。

最初の問診とカウンセリング

最初に記入いただいたカルテを参考に本日の施術の

方向性を決めてまいりましょう。これからご一緒に

到達していきたい、目標を確認していきましょう!

一番聞いてほしいお悩みのほかにももしかして気

になることがあるようでしたら、積極的に伺うこと

にしています。

体型の検査、ゆがみと症状の説明

カウンセリングしたお話をもとに今あるお身体の状態

と目で見てわかるお身体のゆがみ方の確認をします。

症状や自律神経の問題が今の姿勢に直接つながること

が多いです。

体型の検査が整体の正確な施術につながります。