尾てい骨(尾骨)の痛み

尾てい骨(尾骨)の痛みは整体の得意分野です。

職場の椅子に座っていると、尾てい骨(尾骨)が痛くなる。家でソファに座っていると、尾てい骨(尾骨)、がとても痛くなる。実際にあいば健整院にはこのように訴える方がよくいらっしゃいます。

腰骨の下に仙骨があり、その下に尾てい骨があり、尾骨は先端部分のことをいいます。この場所は細くなっており、ぶつけたりして骨折していて、そのままになっているケースもあります。

尾てい骨(尾骨)が痛くなる方は原因として、直接その場所を傷めた経験、長時間座ることが多い、もしくは妊娠出産を機に痛くなってしまうことが多いです。

尾てい骨(尾骨)は大事な場所

犬や猫といった動物にはしっぽがあります。喜びや警戒など感情をしっぽの動きで表します。動物のしっぽは、人間にとって尾てい骨(尾骨)が相当します。人間も尾てい骨(尾骨)を傷めると脳脊髄液の循環が悪くなり、感情が制御できなくなることがあるのです。尾てい骨(尾骨)が関係してイライラや気分が落ち込む原因となっていることもあります。

尾てい骨(尾骨)はからだの中心、体幹部分の一番後ろにあります。歩くとき、動くときに尾てい骨(尾骨)の部分がゆがむことで歩きにくくなり、足腰のトラブルも出てきます。

実際に膝を傷めている方に尾てい骨(尾骨)の問題が高い頻度で見られます。

尾てい骨(尾骨)と恥骨

骨盤を構成している尾てい骨(尾骨)は前側の恥骨に筋肉でつながっています。尾骨の不調を治すにも必ず恥骨の調整を行うことになります。尾てい骨(尾骨)のある後ろ側の調整だけでなく、恥骨が整っていることを必ず確認しておきます。恥骨がずれている場合は、その場所も前後と左右の違いを整えます。そうすることで尾てい骨(尾骨)の痛みやトラブルは早く良くなります。

初めての方の施術の流れ

初めての方の施術の流れです。

「初めまして。あいば健整院の 相場壬雄

あいばじんゆう と申します。」

「どうぞよろしくお願いします。」

① あいば健整院に来院されたら、カルテの記入と、

整体しやすい服装にてお待ちください。

最初の問診とカウンセリング

最初に記入いただいたカルテを参考に本日の施術の

方向性を決めてまいりましょう。これからご一緒に

到達していきたい、目標を確認していきましょう!

一番聞いてほしいお悩みのほかにももしかして気

になることがあるようでしたら、積極的に伺うこと

にしています。

体型の検査、ゆがみと症状の説明

カウンセリングしたお話をもとに今あるお身体の状態

と目で見てわかるお身体のゆがみ方の確認をします。

症状や自律神経の問題が今の姿勢に直接つながること

が多いです。

体型の検査が整体の正確な施術につながります。

整体は何を治すのか?

あいば健整院の整体は、身体の中心軸を取り戻すことを目的としています。眉間、鼻、口、のど、背骨、みぞおち、へそであったり、身体の中心にあるべき場所が左右どちらかに偏っているのかを見ていきます。中心位置からその偏り具合を見て、正しい場所に修正していく整体です。

からだには、無意識にはたらく調節機能があります。血圧、体温、呼吸、姿勢もそうです。何も問題なく健康ならば、からだが傾いても意識しないでもとの姿勢に戻っていきます。

痛みがあったり、何らかの外力をうけたり、あるいは自律神経のトラブルがあるとすぐに姿勢に左右の差が現れます。時間が経ってくると慢性化して問題のある姿勢のそのものが癖として固定してしまいます。

長い間かけてひどくなってきた症状をお持ちの方でも、からだの左右の差の癖をきっちり修正していくことで体質が変わり、頑固な症状も良くなっていきます。

望診→動きの観察→中心軸の確認→うごきの検査→手技による調整→中心軸の確認→症状の確認