脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症といわれた方に

脊柱管狭窄症といわれた方に

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症の方は数十メートル歩くと太ももから足にかけて痛みが出て歩けなくなってしまうといいます。そしてしばらく座って休むと痛みがやわらいでまた歩けるようになります。

このようにある時間歩いていると足が痛くなって歩けなくなり、座って一休みしていると痛みが退いてまた歩けるようになる症状を「間欠性跛行」といいます。

腰部脊柱管狭窄症では、腰の痛み、坐骨神経痛、足のしびれが出ることがあります。姿勢を伸ばすと痛みやしびれは強くなり、背中を丸めると楽になります。

坂道などは下り道より登り道の方が楽に歩けるといいます。なかにはおしっこの出が悪くなる。鼠径部や会陰部や肛門の周りの痛みがあるという方もいます。

腰部脊柱管狭窄症は文字通り腰椎にある脊柱管が狭くなることによって起きる問題です。

「間欠性跛行」に見られる痛みの原因としては、狭窄によって神経と血管しめつけられるためと考えられています。狭くなることによって歩くのに必要な血流量が不足して酸欠が起きるのも原因としてあげられます。

整体は何を治すのか?

あいば健整院の整体は、身体の中心軸を取り戻すことを目的としています。眉間、鼻、口、のど、背骨、みぞおち、へそであったり、身体の中心にあるべき場所が左右どちらかに偏っているのかを見ていきます。中心位置からその偏り具合を見て、正しい場所に修正していく整体です。

からだには、無意識にはたらく調節機能があります。血圧、体温、呼吸、姿勢もそうです。何も問題なく健康ならば、からだが傾いても意識しないでもとの姿勢に戻っていきます。

痛みがあったり、何らかの外力をうけたり、あるいは自律神経のトラブルがあるとすぐに姿勢に左右の差が現れます。時間が経ってくると慢性化して問題のある姿勢のそのものが癖として固定してしまいます。

長い間かけてひどくなってきた症状をお持ちの方でも、からだの左右の差の癖をきっちり修正していくことで体質が変わり、頑固な症状も良くなっていきます。

望診→動きの観察→中心軸の確認→うごきの検査→手技による調整→中心軸の確認→症状の確認

 

初めての方の施術の流れ

初めての方の施術の流れです。

「初めまして。あいば健整院の 相場壬雄

あいばじんゆう と申します。」

「どうぞよろしくお願いします。」

① あいば健整院に来院されたら、カルテの記入と、

整体しやすい服装にてお待ちください。

最初の問診とカウンセリング

最初に記入いただいたカルテを参考に本日の施術の

方向性を決めてまいりましょう。これからご一緒に

到達していきたい、目標を確認していきましょう!

一番聞いてほしいお悩みのほかにももしかして気

になることがあるようでしたら、積極的に伺うこと

にしています。

体型の検査、ゆがみと症状の説明

カウンセリングしたお話をもとに今あるお身体の状態

と目で見てわかるお身体のゆがみ方の確認をします。

症状や自律神経の問題が今の姿勢に直接つながること

が多いです。

体型の検査が整体の正確な施術につながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加