手術後の傷の痛み(腹部)

手術は成功したが、傷の痕がうずいたり痛みが起きるケース

たくさんの方が内臓疾患を治すためにお腹の手術を経験しています。内臓の病気に関しては手術しないと生命の危険につながるわけで、命を救う目的で外科医の先生も慎重に執刀にあたります。

 

手術は問題なく行われ、あとは時間とともに回復します。そのように外科の先生の説明をしてくれます。手術としては成功といえるケースでも、傷痕がなかなか良くならなかったり、うずいて困っている方が現実にはいらっしゃいます。

筋肉と皮膚を縫いあわせることでひきつれが起きます。

どんなに上手な先生が手術を執刀しても患者さんのお体には縫いあわせた傷あとが残り、傷あとの血行が悪化したり、ひきつれや痛みが起こることがあります。時間がたつと古傷になり、冷えや天気によっては違和感や痛みでうずいたりもします。

手術は成功したから問題はないと言われた

外科医の先生からすれば、命に係わる問題が手術によって解決したのだから仕事としては成功しています。患者さんにとっては不快感や痛みが残るので何とかしたいものです。

手術後の傷あとの問題も整体で良くすることができます。

整体では、縫いあわせた場所のひきつれている皮膚を直接ゆるめていく方法をとります。そうしてから、からだ全体の歪みを整えていくことをします。その結果、身体の前後、左右、対角線の緊張と弛緩の違いが解消され、傷あとの場所の緊張も解消され痛みや違和感などのトラブルも気にならなくなっていきます。手術の直後から腰痛が起きたり、肩が上がらなくなったなどの症状も良くなります。

初めての方の施術の流れ

初めての方の施術の流れです。

「初めまして。あいば健整院の 相場壬雄

あいばじんゆう と申します。」

「どうぞよろしくお願いします。」

① あいば健整院に来院されたら、カルテの記入と、

整体しやすい服装にてお待ちください。

最初の問診とカウンセリング

最初に記入いただいたカルテを参考に本日の施術の

方向性を決めてまいりましょう。これからご一緒に

到達していきたい、目標を確認していきましょう!

一番聞いてほしいお悩みのほかにももしかして気

になることがあるようでしたら、積極的に伺うこと

にしています。

体型の検査、ゆがみと症状の説明

カウンセリングしたお話をもとに今あるお身体の状態

と目で見てわかるお身体のゆがみ方の確認をします。

症状や自律神経の問題が今の姿勢に直接つながること

が多いです。

体型の検査が整体の正確な施術につながります。

整体は何を治すのか?

あいば健整院の整体は、身体の中心軸を取り戻すことを目的としています。眉間、鼻、口、のど、背骨、みぞおち、へそであったり、身体の中心にあるべき場所が左右どちらかに偏っているのかを見ていきます。中心位置からその偏り具合を見て、正しい場所に修正していく整体です。

からだには、無意識にはたらく調節機能があります。血圧、体温、呼吸、姿勢もそうです。何も問題なく健康ならば、からだが傾いても意識しないでもとの姿勢に戻っていきます。

痛みがあったり、何らかの外力をうけたり、あるいは自律神経のトラブルがあるとすぐに姿勢に左右の差が現れます。時間が経ってくると慢性化して問題のある姿勢のそのものが癖として固定してしまいます。

長い間かけてひどくなってきた症状をお持ちの方でも、からだの左右の差の癖をきっちり修正していくことで体質が変わり、頑固な症状も良くなっていきます。

望診→動きの観察→中心軸の確認→うごきの検査→手技による調整→中心軸の確認→症状の確認

 

選ばれる3つの理由

強みセクションで入力した内容が表示されます。強みセクションで入力した内容が表示されます。強みセクションで入力した内容が表示されます。強みセクションで入力した内容が表示されます。強みセクションで入力した内容が表示されます。強みセクションで入力した内容が表示されます。強みセクションで入力した内容が表示されます。強みセクションで入力した内容が表示されます。強みセクションで入力した内容が表示されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加