ぎっくり腰

いつまでもしっかり歩けるように

いつまでもしっかり歩けるように

ぎっくり腰

ぎっくり腰は何かをしようとして動き出したとたんに腰にキャっと痛みが走り、そのまま動くのがつらくなってしまうケースが多いものです。動いた拍子に腰椎を支える靭帯が損傷をうけてそのまま痛みが起こることが多いので「腰椎捻挫」とも言われます。

ぎっくり腰の原因で考えられるものをあげてみます。重いものをあげて背骨に圧力が強くかかることによって椎体と椎間板の境目にある終板に小さな骨折が起こることもあります。からだをねじる動作をしたことで椎間板の繊維輪の断裂を引き起こすこともあります。

背骨が強く後ろにそらす力で伸ばされると、椎間関節の損傷が起こることもあります。そのほかには背骨の後ろの棘突起の間にある靭帯の損傷、背骨を支える筋肉の損傷、肉離れなどもぎっくり腰の原因と考えられています。

しかし、一般的にはぎっくり腰の原因ははっきりしているわけではありません。生きている人の腰の中で何が起こっているのか実際に確かめることは不可能です。レントゲンやMRIもありますが、厳密には調べようがないからです。

レントゲンやMRIを用いなくても、ぎっくり腰を起こしている方の姿勢をみると、だれでもわかることがあります。痛そうな立ち方、不自然な歩き方、触れてみるとわかるくらいに違いのある腰の筋肉の左右の固さの違い…。じっさいにぎっくり腰の方の改善目標になるものとなります。

ぎっくり腰の原因は、筋肉の損傷、靭帯の損傷、骨のトラブル、様々あります。共通しているのは姿勢の問題です。姿勢の左右の差をきちんと整えていくことで、安静にして治癒を待つより格段に早く回復することができます。

整体は何を治すのか?

あいば健整院の整体は、身体の中心軸を取り戻すことを目的としています。眉間、鼻、口、のど、背骨、みぞおち、へそであったり、身体の中心にあるべき場所が左右どちらかに偏っているのかを見ていきます。中心位置からその偏り具合を見て、正しい場所に修正していく整体です。

からだには、無意識にはたらく調節機能があります。血圧、体温、呼吸、姿勢もそうです。何も問題なく健康ならば、からだが傾いても意識しないでもとの姿勢に戻っていきます。

痛みがあったり、何らかの外力をうけたり、あるいは自律神経のトラブルがあるとすぐに姿勢に左右の差が現れます。時間が経ってくると慢性化して問題のある姿勢のそのものが癖として固定してしまいます。

長い間かけてひどくなってきた症状をお持ちの方でも、からだの左右の差の癖をきっちり修正していくことで体質が変わり、頑固な症状も良くなっていきます。

望診→動きの観察→中心軸の確認→うごきの検査→手技による調整→中心軸の確認→症状の確認

 

初めての方の施術の流れ

初めての方の施術の流れです。

「初めまして。あいば健整院の 相場壬雄

あいばじんゆう と申します。」

「どうぞよろしくお願いします。」

① あいば健整院に来院されたら、カルテの記入と、

整体しやすい服装にてお待ちください。

最初の問診とカウンセリング

最初に記入いただいたカルテを参考に本日の施術の

方向性を決めてまいりましょう。これからご一緒に

到達していきたい、目標を確認していきましょう!

一番聞いてほしいお悩みのほかにももしかして気

になることがあるようでしたら、積極的に伺うこと

にしています。

体型の検査、ゆがみと症状の説明

カウンセリングしたお話をもとに今あるお身体の状態

と目で見てわかるお身体のゆがみ方の確認をします。

症状や自律神経の問題が今の姿勢に直接つながること

が多いです。

体型の検査が整体の正確な施術につながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加