骨粗鬆症 (お年寄りの腰痛)

お年寄りの腰痛

お年寄りの腰痛

骨粗鬆症 (お年寄りの腰痛)

猫背からはじまる腰椎圧迫骨折

骨粗鬆症は骨の中味であるカルシウムが抜けて骨量(骨の量)が減って、骨がもろくなってしまうことをいいます。ひどくなると、骨の中に存在するはずの組織がスカスカになり、目の粗いスポンジのような状態になってしまいます。骨の形はそのままでも中身が少ないので容易に骨折しやすい状態となります。

骨粗鬆症の主な症状は急におこる腰と背中の痛みです。腰椎圧迫骨折がおこると、寝返りができないくらいに痛くなることもあります。ちょっと転んで尻もちをついたり、急に勢いよくくしゃみをしたり、乗っている車がはずんだ拍子に腰にショックが加わったり、さまざまな理由で弱くなった背骨はつぶれて圧迫骨折を起こしてしまいます。

圧迫骨折を起こした背骨は均等につぶれることはあまりなく、背骨側よりおなか側がつぶれてしまうことが多いです。横から見るとくさび形に変形が起こります。圧迫骨折を起こすとただでさえ、猫背の方がさらに前傾姿勢がひどくなったりします。

骨粗鬆症の予防として骨量を増やすように食事や運動に気を付けることは大切なことです。骨量が少ない場合は、少しでも骨量が増えるように努めることが必要です。

圧迫骨折を防ぐために骨量を増やすことだけでなく、猫背や姿勢の悪さを改善させることが実は大いに役に立つのです。

整体で猫背を改善させることはもっとも得意な分野と言えるでしょう。簡単にいいますと、おなか側にある腹筋の力が抜けるように。そして背中にある背筋に力が入るようにしていけばいいのです。

猫背を治すことによって、圧迫骨折の予防にもなり圧迫骨折の痛みに関しても傷めている箇所にそれ以上の圧力がかかることを防ぐことができるのです。結果として痛みも早く回復することができます。

 

整体は何を治すのか?

あいば健整院の整体は、身体の中心軸を取り戻すことを目的としています。眉間、鼻、口、のど、背骨、みぞおち、へそであったり、身体の中心にあるべき場所が左右どちらかに偏っているのかを見ていきます。中心位置からその偏り具合を見て、正しい場所に修正していく整体です。

からだには、無意識にはたらく調節機能があります。血圧、体温、呼吸、姿勢もそうです。何も問題なく健康ならば、からだが傾いても意識しないでもとの姿勢に戻っていきます。

痛みがあったり、何らかの外力をうけたり、あるいは自律神経のトラブルがあるとすぐに姿勢に左右の差が現れます。時間が経ってくると慢性化して問題のある姿勢のそのものが癖として固定してしまいます。

長い間かけてひどくなってきた症状をお持ちの方でも、からだの左右の差の癖をきっちり修正していくことで体質が変わり、頑固な症状も良くなっていきます。

望診→動きの観察→中心軸の確認→うごきの検査→手技による調整→中心軸の確認→症状の確認

 

初めての方の施術の流れ

初めての方の施術の流れです。

「初めまして。あいば健整院の 相場壬雄

あいばじんゆう と申します。」

「どうぞよろしくお願いします。」

① あいば健整院に来院されたら、カルテの記入と、

整体しやすい服装にてお待ちください。

最初の問診とカウンセリング

最初に記入いただいたカルテを参考に本日の施術の

方向性を決めてまいりましょう。これからご一緒に

到達していきたい、目標を確認していきましょう!

一番聞いてほしいお悩みのほかにももしかして気

になることがあるようでしたら、積極的に伺うこと

にしています。

体型の検査、ゆがみと症状の説明

カウンセリングしたお話をもとに今あるお身体の状態

と目で見てわかるお身体のゆがみ方の確認をします。

症状や自律神経の問題が今の姿勢に直接つながること

が多いです。

体型の検査が整体の正確な施術につながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加