ひざの痛み 変形性膝関節症

ひざの痛み 変形性膝関節症 イラスト

「ひざの痛み 変形性膝関節症」でお困りのあなたに

こんなことありませんか?

  • ひざが完全に伸びきらない。ひざの裏が床につかない。
  • 立ち上がる時にひざが痛い。
  • 正座が苦痛になってきた。
  • 「気を付け」の姿勢で、ひざとひざの間がずいぶんと開く。
  • 動き始めにひざが痛くなるが、動き出すと痛くない。

このような症状がつづくようでしたら、慢性的なひざの痛みに移行していると考えられます。姿勢の上での変化がみられるようでしたら、「変形性膝関節症」と診断されるかもしれません。

 

 あいば健整院では「変形性膝関節症」のひざの痛みの症状も改善できます。

 

あいば健整院では「変形性膝関節症」はひざだけが変形するわけではない。と考えるのが他の治療法との違いです。

 

例えば、上記の項目で「気を付け」の姿勢で、ひざとひざの間がずいぶんと開く。というのがありました。立った状態でひざの間が開くということは、ひざを開かす原因が足関節にも股関節にもあるはずです。ひざに無理がかかっている状況を足首や股関節の状態を正しくすることで解消していくことができるのです。

二本足で立つということ

動物とちがってヒトは二本足で立ちます。他の動物より二本の足にかかる負担は大きいし、安定感もありません。その分、足の裏がピタッと床に接地していることがひざの安定に大きくかかわってきます。

 

腰から上半身の重みを受ける腰と股関節はひざに乗せる力の配分を決める大事な役割をしています。腰と股関節が安定していない、もしくは痛みがあったりしてゆがみがあると膝にかける力の配分が前後左右に均等にならないために、ひざに無理をかけてしまいます。

 

ひざを動かす筋肉を支配している神経はやはり腰からはじまっているので、腰や股関節にゆがみや変形、痛みと言ったトラブルがあると膝に悪い影響が出てきてしまいます。

 

ですから、「変形性膝関節症」と診断された方でも身体全体の姿勢、それぞれの関節を点検していくことで問題点が見つかり姿勢上の問題点を改善していくことを目標にします。

 

姿勢の問題を点検、改善していくことでひざには直接さわっていなくても立った姿勢でのひざが開く姿勢が良くなって行きます。もちろん、痛みの減り具合には個人差がありますがひざの痛みも姿勢とひざにかかる力が左右の脚に均等になって行くことで良くなります。

本来あるべき脚のかたち

ひざを構成する骨は太ももの「大腿骨」、ひざこぞうと言われる「膝蓋骨」、すねの骨「脛骨」その外側にある外くるぶしまである「腓骨」で構成されています。

 

二次元の絵ではなく、立体的に前後左右、上下でそれぞれの骨を見ていくと、正しい並び方がはっきりしてきます。ひざが痛い人の太ももの「大腿骨」は内に巻き込むことが多いです。外くるぶしまである「腓骨」は下に下がっていたりします。ひざこぞうと言われる「膝蓋骨」は足のラインの中心になくてずれていることがあります。

 

「膝蓋骨」は太ももの前にある大腿四頭筋という足を代表する太い筋肉をまとめている役割をしています。この「膝蓋骨」が真ん中からずれていることは、大きな力を発揮する大腿四頭筋を動かすたびにひざに無理をかけることになります。

 

外くるぶしまである「腓骨」が下がることで足首は内側にねじれてしまい、足の床に対する接地面も小指側により多くの体重が掛かるようになります。このような立ち方はひざが外に開く原因になっていきます。

 

このようにひざを構成するそれぞれの骨の位置を点検して微調整していくことで、変形の原因となっている力の配分を正しくしていくことが可能となります。

意外に大事な腹筋

こういう書き方をすると、腹筋をきたえないと。と思われる方がいらっしゃるかもしれません。ひざの故障をお持ちの方をみて見ますと、とくに「外腹斜筋」という腹筋の左右の差が大きいことがあります。片側は固くなっていて、もう片方は力が抜けている状態。こういった状態が多いです。

 

「外腹斜筋」が身体を守っている範囲はかなり広いです。体のねじりの動きを決める「外腹斜筋」はひざの動きの指令に関係しているといえます。「外腹斜筋」は、肋骨の胸の位置からはじまって、鼠径部につながります。鼠径部からひざまである大腿四頭筋には大腿筋膜で連絡されています。つまり、この「外腹斜筋」の左右の差があることでその差が、太ももを介してひざにまで影響してしまうわけです。

ひざだけ見ていれば済む話ではありません

これまでお伝えしてきたように、上半身の左右の差も二本の足でキチッと立つうえで見逃せないポイントとなります。左右の脚の並びかた、それぞれのパーツ、背骨から「外腹斜筋」それぞれを点検していく中で、ひざの変形を起こしているお身体の無理な力を起こしている状況を正しく変えていくことが可能となります。

参考文献

『ネッター解剖学アトラス』

『ひざの痛み』 星川吉光著 双葉社

『関節は不思議』 高橋長雄 講談社

『ひざの痛い人が読む本』 井上和彦 福島茂著 講談社

 

初めての方の施術の流れ

初めての方の施術の流れです。

「初めまして。あいば健整院の 相場壬雄

あいばじんゆう と申します。」

「どうぞよろしくお願いします。」

① あいば健整院に来院されたら、カルテの記入と、

整体しやすい服装にてお待ちください。

最初の問診とカウンセリング

最初に記入いただいたカルテを参考に本日の施術の

方向性を決めてまいりましょう。これからご一緒に

到達していきたい、目標を確認していきましょう!

一番聞いてほしいお悩みのほかにももしかして気

になることがあるようでしたら、積極的に伺うこと

にしています。

体型の検査、ゆがみと症状の説明

カウンセリングしたお話をもとに今あるお身体の状態

と目で見てわかるお身体のゆがみ方の確認をします。

症状や自律神経の問題が今の姿勢に直接つながること

が多いです。

体型の検査が整体の正確な施術につながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加