手のしびれ 腕のしびれ 頚椎症

手のしびれ 腕のしびれ 頚椎症

手のしびれ 腕のしびれ 頚椎症

「手のしびれ、腕のしびれでお困りのあなたに」

こんなことありませんか?

  • 首や肩の痛みがある
  • 首や肩を動かしにくい
  • 手や腕のしびれとともに痛みもある
  • 肩こりや頭痛がひどい

このような状態でしたら、もしかしたら頚椎症、椎間板ヘルニアかもしれません。

あいば健整院の整体で「手のしびれ 腕のしびれ 頚椎症」つらい症状を改善します。

どうして「手のしびれ 腕のしびれ 頚椎症」が起きるのでしょうか?

 

手足を通じて感じた情報は、神経を通じて脊髄に伝わり脳へと伝えられます。手足を動かすなどの命令は脳から脊髄に、末梢神経へと伝わります。この情報伝達のどこかにトラブルが起きると異常な情報が脳に伝えられてしびれや痛みが感じられるようになります。

 

手や腕に行く神経は、頚椎と椎間板の間から出ています。ムチウチなどの外力がかかった場合、老化などで新陳代謝がおとろえて変形が起こった場合、長期間の姿勢の異常などから変形が起きた場合などに神経に圧迫を加えて手や腕にしびれや痛みをおこします。

整体で成果があがる「手のしびれ 腕のしびれ 頚椎症」

  • 片側のみにあらわれる
  • 肩から腕にしびれがはしる
  • 首を反らせるとしびれと痛みが強くなる。

神経根が圧迫されると、しびれに伴って強い痛みが出てくるのも大きな特徴です。神経根は感覚神経の細胞の集まりなので圧迫によって生じる炎症物質、発痛物質にとって神経根を刺激すると肩から腕にかけて走るような激しい痛みが引き起こされます。とくに腕を伸ばすと神経が引っ張られますので、痛みを強く感じます。

胸郭出口症候群

胸郭出口は肋骨と鎖骨のすき間のことをいいます。脊髄から出て腕や手に行く神経の一部はここを通っています。腕や手にかけてのしびれと痛みはここを通っている神経が圧迫されて起こります。腕のだるさ、肩こり、腕を上げているといったことがつらくなります。ひどくなると神経と一緒に通っている血管も圧迫されるので腕や手が冷たく感じたりします。

手根管症候群

手のひらの付け根、つまり手首には8つの豆のような骨があり手根管という神経や腱や血管の通るトンネルを形作っています。このトンネルを正中神経が通っています。正中神経は親指から薬指の中指側にかけて、手のひら側を支配しており、トンネルの内部が狭くなったりするとこの部分にしびれや痛みが生じます。出産後の女性ホルモンの変動によっておこることもあります。

肘部管症候群

肘の内側には肘部管というトンネルがあり、トンネルの内部にある尺骨神経が圧迫されて起きてきます。尺骨神経が圧迫されると、小指と薬指の小指側半分にしびれや痛みが生じます。小指と薬指を動かしたり、伸ばしたりすることが難しくなります。肘関節を形成している「上腕骨、橈骨、尺骨」の位置を正しくしていくことでよくなって行きます。

参考文献

『しびれが気になるときに読む本』 星野雄一著 小学館

『やさしい肩こり腰痛シビレの本 第二版』

見松健太郎 川村守雄著 名古屋大学出版会

初めての方の施術の流れ

初めての方の施術の流れです。

「初めまして。あいば健整院の 相場壬雄

あいばじんゆう と申します。」

「どうぞよろしくお願いします。」

① あいば健整院に来院されたら、カルテの記入と、

整体しやすい服装にてお待ちください。

最初の問診とカウンセリング

最初に記入いただいたカルテを参考に本日の施術の

方向性を決めてまいりましょう。これからご一緒に

到達していきたい、目標を確認していきましょう!

一番聞いてほしいお悩みのほかにももしかして気

になることがあるようでしたら、積極的に伺うこと

にしています。

体型の検査、ゆがみと症状の説明

カウンセリングしたお話をもとに今あるお身体の状態

と目で見てわかるお身体のゆがみ方の確認をします。

症状や自律神経の問題が今の姿勢に直接つながること

が多いです。

体型の検査が整体の正確な施術につながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加