左手のしびれ

患者

女性 40代

来院 

2017年 5月

症状

 

左肩から首にかけての激痛と身体全体のだるさとむくみを改善したいです。整形外科では頸椎ヘルニアと診断され、これ以上我慢できない期間が続く場合は詳しく調べて手術の適応なのか判断しましょう。と提案されました。腰には圧迫骨折が2か所あります。手術は出来るだけ避けたいのでなんとか治したいです。

 

婦人服のお店を経営しているので、従業員が休んでしまったときなど代わりにお店に出ないといけません。なかなか休みが取れず、いつも立ちっぱなしなので仕事が終わると首から肩だけでなく、背中じゅうがパンパンに張って痛くて仕方ありません。

 

来院のきっかけは職場の前に整体院があり、とても気になっていました。痛みが我慢できなくなったのでなんとかしてもらえないだろうか。と訪ねてみました。

 

治療内容と経過

いつもお店に立ちっぱなしということで肩から背中にかけての緊張が普通でない様子です。とくに方はお身体の大きさに比べてぶ厚く見えるくらいに張っていて、熱感が感じられるようです。左肩のしびれがきついということなので肩甲骨から頸椎にかけての環境が改善する様に注意して施術を行いました。

 

一回目 呼吸筋の調整、肋骨と肩甲骨の調整法、上肢を使っての肩甲骨と頸椎の調整を行いました。背部の調整は右足を開いてからのD3,D4,D5の施術、D10、D11、D12の調整を行いました。肩のパンパンな状態はずいぶん改善されましたが、痛みはまだまだひどく残っている様子です。

 

二回目 翌日に来院されて、頭痛も訴えるので昨日の施術に加え第一頸椎、第二頸椎の調整、頭蓋骨の調整も加えて施術を終えました。

 

三回目 一回目と二回目の整体施術で背中と首と頭痛はましになりましたが、手のしびれが残っているとのこと。上肢を使っての頸椎の調整法を行いました。

 

以後、整体を続けながら痛みとしびれは10回ほど続けるうちにずいぶんと減りました。ただ、仕事が大変なので疲れがたまると駆け込み寺のように整体院に来てゆがみを治して行かれます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加