第3、第4腰椎すべり症 スポーツジムにて発症

患者

女性 60代

来院

2015年 5月

症状

2014年3月にその時通っていたスポーツジムでパーソナルトレーナーさんにストレッチを受けることになりました。背中にトレーナーさんのひざを当てて、患者さんの両手を引っ張って背筋を伸ばすストレッチをしてもらったときから今回の腰痛は始まったようです。トレーナーさんのひっぱり方がどうも相当強かったらしく、ショックが入った瞬間から腰が変になってしまったのが分かったようです。

 

その日以来、足の痛みと腰の痛みに悩まされて、整形外科を受診して『第3、第4腰椎のすべり症』と診断されました。右足をあげるのがつらく、階段を上るのが大変です。右足もしびれてとても困っています。左の腰も痛く感じて、車の乗り降りもままならない状況です。ロキソニンを服用する様に言われましたが、アレルギーを発症してそのお薬はのめなくなってしまいました。昔からお世話になっていた鍼灸の先生に無理言って施術を週に二回受けさせてもらって来たけど、ほとんど良くならないくらいに状態が良くならないそうです。

 

治療内容と経過

 

患者さんの初期の歩き方は特徴的で腰は反ったまま、びっこをひいているような歩き方になっておりました。足を上げるのが大変な様子で引きずるような足の動きでした。施術は肋骨から横隔膜の調整を行い、上半身を整えて呼吸が深くはいるようになってから、下肢の操作に移りました。下肢をL2に伸展して股関節の調整をします。足底からの姿勢調整を行い、かえる足の技で施術を終わりました。

 

初回からびっこを曳くような歩き方は明らかに良くなってきましたが、痛みが相当にひどくて5回目くらいから痛みが楽になってき、良くなっていることがはっきりわかるとおっしゃって下さったのは15回ほど整体の施術をしたあたりからでした。

 

現在の状態

2017年4月現在、腰の痛みもずいぶん気にならなくなって日常生活も楽になった。とおっしゃっています。とくに車の乗り降り、階段の上り下りがほぼ普通に行えるようになったことがうれしいそうです。

 

考察

私の行う整体を信頼して下さり、もともと通っていた鍼灸の先生(引退された)に紹介するくらい信じていただきました。ここで治してしまおう。という強いお気持ちがあったからこそ、見違えるように良くなられたのだと思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加