ゴルフで腰を痛めた。目の疲れも影響している可能性あり。

患者 男性 30代

来院 2016年12月

症状

2日前にゴルフをしていて2ラウンド目には腰の痛みを感じてしまい、途中から断念していました。じっとしていても痛みを感じていて、ひねったり前後に腰を動かすともっと痛みが増します。普段はパソコン作業をしていて一日10時間以上することもあります。パソコン作業と言っても単純作業ではなく、企画書を書く内容なので常に考えていないとできない仕事で緊張感と疲労感がたまっています。目の疲れと頭の重み、首の後ろのコリを強く感じます。肩のこりは学生時代よりハンドボールをしていたことと関係しています。ボールを投げる動作をするとすぐに肩のある一点が痛くなり、二回目ボールを投げられないくらいになってしまいます。ゴルフをする時にも肩をかばう動作から腰に負担が来たのではないかと思います。

治療内容と経過

腰の痛みを改善することに加えて、目の疲れと頭の疲れを取ることも主眼に置いて施術を行うことにする。施術内容 横隔膜の調整 上肢の調整法、蛙足操法、自律神経調節、頭蓋調整法、統合法 を行う。施術後、腰の痛みは全くなくなったとおっしゃっていました。頭がとっても軽くなって目がすっきりすると教えてくれました。

考察

今回の腰痛のきっかけは直接の原因はゴルフによる捻挫だと思われます。目の疲れから来る感覚器官の使い過ぎによる腰痛も可能性として考えて目の疲労を取るように施術しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加