左肩の痛み、左首、左側の頭、左目にかけてくらくらする。睡眠障害

患者 女性 50代

来院 2016年12月

症状

2016年の3月より左肩が五十肩のようになり、痛みがひどく最近になって左首、左頭、左眼も痛くなりくらくらする。吐き気もあります。睡眠障害も出てきました。電車や車に乗るとフラフラします。座ってしか電車に乗れません。車の運転をするとフラフラする時があります。寝ても早く目が覚めてしまい、午前中が特にしんどいです。15年前に左側の鎖骨を合気道でけがをして骨折して手術になったことがあります。今までに同時並行でエネルギー療法、カイロプラクティック、リンパマッサージを受けているのですが良くなっていません。

治療内容と経過

問診と視診にて首のゆがみを確認します。目の左右の差の違いと口を開けた時の斜口が目立ちます。肩を回していただくと左右の方の動かし方がかなり違うことが見てわかります。施術は骨盤調整と頸椎の調整、頭蓋骨の調整法を主体に行うことにしました。まずは基本の横隔膜の調整。呼吸を深く行うことができると自律神経も整えやすいのです。続いて骨盤の調整。左の肘関節、左母指の付け根、舟状骨の変位を調整しました。左の肩が楽になるといいます。そして頭蓋骨の調整をして最後にもう一度立位になっていただいて先ほどのゆがみ方とくらべて見ます。目の大きさ、口の開き方、左右の差が先ほどより改善が見られます。首のゆがみ具合も良くなっていることを確認して施術を終えました。

 

上記の施術を二回して、三回目の来院のときに睡眠障害とふらつきがずいぶんと改善された。とお話してくださいました。三回目の施術は肩の痛みを主眼においた治療を行いました。施術後に肩の痛みはだいぶマシになってゴリゴリいう感じだけになりました。と教えてくれました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加