腰椎椎間板ヘルニア 足 こし 坐骨神経痛

女性 40代

来院 2016年 9月

症状

東京から引っ越してきて、4年ぶりに大きな腰痛になりました。左の腰の痛みから起き上がれずに寝ている日が3~4日つづいていました。4年前に東京で受けた整体の施術があっていたようで、その治療院の先生に紹介を受けて、あいば健整院に予約を取られて来院されたのです。整形外科の病院では左L4L5間の腰椎椎間板ヘルニアと診断され、安静にしてても症状の改善が見られない場合は手術といわれました。今回の腰痛は前回の時よりひどいのでかなり心配だとお話してくださいました。

治療内容と経過

初日に来院されたときには、歩くのも苦痛のようで足を引きずって歩かれていました。しばらくすると立っているのも無理で仰向けで寝ていただいても膝を立てていないといられない状態でした。施術はまずは上半身の調整を念入りに行うことから始めました。横隔膜の調整、上腕三頭筋、上腕二頭筋の調整を行います。次に右の足だけ伸ばしてもらい、右足からの骨盤の調整を行います。右足を立てた状態で左足を伸ばしていただくが、なかなか難しいようなのでうつむけになってもらいました。足底からの重心調整、臀部の調整を行い、腰椎の調整で施術を終えました。立っていただくと、施術前より立ちやすくなり、歩くのも先ほどよりも足を引きずることが明らかに減っています。一回目の施術は以上で終えました。

二回目来院されたときは、歩く姿は前回より改善が見られましたがかなり痛いことには変わりないようです。初回の施術の時より、左脚を伸ばせるようになったので左脚の施術を追加しました。

三回目~八回目 八回施術をして正座が普通に出来るようになったこと、痛みが少しましになったことを実感すると教えてくださいました。

十回目に 若いころに尾てい骨を痛めたことがあると教えてくださったので、尾てい骨の施術を加えます。左脚の痛みがさらに楽になると言います。

十八回目の時に片頭痛持ちだというお話を聞いたので頭蓋骨の調整も加えます。腰痛がマシになったので他のところの痛みを思い出すようになったとのこと。以来、頭痛がかなり改善される。

以来、痛みには波があるようですがだんだんと楽になって行きました。重心の違いを特に注意して施術すると効果が高いと判明したので重心に重点を置いた施術をしました。

一月に入り、三九回目の施術を行いましたが、痛みもかなりなくなり普通の生活をほぼ取り戻すことができたとうれしそうに教えてくださいました。

考察

最初に来られたときは、症状がかなりひどかったのですがご本人さんは悲観せずに良くなることを信じて治療に通われました。良くなりたい気持ちが普通の生活を取り戻せるほどまで回復することにつながったのです。若い時からの頭痛も一緒に良くなったことが助かった。とお話ししてくださいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加