● 手術を勧められているのですが整体してもいいのでしょうか?

手術を受ける前にまず整体を受けることを強くお薦めします。手術をすると必ず傷が残りますね。実はこれがくせ者でそこに血液の滞りや冷えが起こり、それが新たな痛みをつくってしまいます。患者さんのなかでは一回きりの手術で病気が完結するとお考えの方もい らっしゃることでしょう。 現実には坐骨神経痛や脊柱管狭窄症で手術をするたびに悪化している方を治療することがあります。 皆様から「もっと早くこの整体に出会っていたら手術を繰り返さなくて済んだのに。」とか「整体を続けて、痛い場所が病気の元ではないことが実感できた。なんのための手術だろうか?」そのような声をいただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加